読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊月或斗

てきとうに遊ぶ

No title story ―プロローグ

 12月25日。クリスマス。
 朝凪柊汰は独り、とある場所に訪れていた。
 幼い頃に、よく訪れていた場所だ。
 朝凪の住む町にある、車通りの少ない橋。
 下には大きな川が流れており、その高さは思わず腰が引けるほどだ。
 その川の向こうは、丁度夕日が落ちる場所と重なっており、とても綺麗な夕景となっている。
 とても美しい風景なのだが、ここにはあまり人が訪れない。
 数年前、一人の少女が、ここで自殺した。
 まるで連鎖のように、この橋から飛び降りる人間が、年々増えていった。
 以来、ここは自殺の名所として有名になった。
 だからここには人が来ない。
 こんなにも美しい眺めなのに、と朝凪は思った。
 朝凪はこの眺めが大好きだ。
 バイトがない日には、ほぼ毎日訪れているほどには大好きだ。
 だが、今日朝凪がここに訪れたのは別の理由だ。
 朝凪は本気で、自殺を考えていた――。
 
 
 朝凪は独り暮らしである。
 中学三年の3月。
 交通事故で両親が他界した。
 それはあまりにも突然で、よく覚えていない。
 高校は、中学まで続けていた野球をするため、野球の名門校に進むことを決めていたのだが、自分独りで生活しなければいけなくなったが故に、野球は続けなかった。
 今はバイトでお金を稼ぐことで、生活を送っている。ある意味、兄弟がいないことが幸いしたといえるだろう。
 朝凪は将来を期待される野球選手だった。そのため、高校でも活躍を期待されていたのだが、野球をやめることになったので、周りからは失望されてしまった。
 また、朝凪の性格も周囲に受け入れられなかった。朝凪はあまりにも世話焼きすぎた。誰かが困っているのを無視することができなかった。
 当初はまだましだった。
 だが、三ヶ月も経つと、周りには誰もいなくなっていた。
 どうも朝凪は、人に嫌われる素質があるみたいだ。
 朝凪柊汰は完全に独りとなった。
 そんな生活には嫌気がさしたのだ。
 もう、生きるのには少し疲れたんだ。
 
 
 ――悲しい人生だな。
 こうして人生を振り返ると、やはり、嫌気がする。
 じゃあ、終わりにしようか。
 朝凪は橋の手すりに足をかけようとした。
 ――だが、それ以上の行動はできなかった。
 「……結局、死ぬ勇気すらないのか、僕は」
 知らずのうちに呟いていた。
 朝凪は立ち尽くした。
 地平線に沈む太陽が虚しかった。
 ――どうしようもないな。
 ――今日は帰ろうか。
 元々、そこまでの覚悟はなかった。
 まるで、そうなることが決まっていたかのように、自殺を考えていた。
 随分と感情がないな、と朝凪は考えた。

 朝凪は家路につこうと歩きだした。
 と、向かいから人がこちらに歩いてくるのが見えた。
 朝凪と同じくらいの高校生にみえる女の子だ。
 人が通るなんて珍しいな、と朝凪は何気なく考え、少女の横を通り過ぎようとし――。
 
 ――その少女の目には、あまりにも生気がなかった。
 
 少女の目つきで、朝凪にはわかってしまった。
 ――ああ、死ぬんだな。
 と。
 確証なんかはないが、どうしようもなく、直感的にわかってしまったのだ。
 咄嗟に、朝凪は振り向き、その少女の腕を掴んだ。
 「……君、死ぬつもりでしょ」
 自分の意思に反し、声にでていた。
 少女は驚愕の表情をみせ――ることはなく、ただ、無表情のままだった。
 「なんのつもり」
 少女は言った。
 朝凪は返した。
 「止めるつもり」
 朝凪は内心、自分自身に呆れていた。
 ついさっきまで死のうとしてた男が、一体何を言っているんだ。
 「私に関わらないで。どうして初対面の相手にここまでするんだ」
 少女は吐き捨てた。
 そして、朝凪の手を振り解いた。
 朝凪は呼び止めた。
 そして、少女の手を強く握った。
 「どうしてだろう。ただ、目の前で誰かに死んで欲しくない。そう思っただけ」
 朝凪は再び呆れた。
 こういうところなんだよ、自分が嫌われる理由は。
 自分でもわかっているんだ。
 「話を聞かせてよ。君の話を。少しは気が楽になるかもしれない」
 朝凪がそう言うと、少女はさっきとはまた違う反応をみせた。
 「……誰かに話すつもりはなかったけど。どうやらあんたは随分と世話焼きみたいだ」
 「自覚してるよ」
 「そうだろうね。じゃ、話してあげる。私の話」
 正直意外だった。
 まさか成功するとは。
 少女は少しだけ、表情が明るくなった。そんな気がした。
 「私は辻本園花。あんたは?」
 「朝凪柊汰」


 12月25日。二人の自殺願望者が、運命的な――少々ロマンチックさにかける――出会いを果たした。