読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊月或斗

てきとうに遊ぶ

No title story ― 一話『人生の題名』

「私の話か。どう話せばいいかわからないな」 「強要してる訳じゃないんだ。気が済むまで話をしてよ。何でもいいから」 「そう。そうだな――」 朝凪柊汰と辻本園花は、そのまま橋の上に居た。 そして、朝凪が辻本の自殺を止め、彼女の話を聞くことになった。 …